Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

白内障
 

白内障とは?

 
01

白内障はさまざまな原因で水晶体が濁ってくる状態です。原因で最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障と呼んでいます。」個人差がありますが、誰でも年齢を重ねると水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高齢の方ほど多く発症します。

 

目の外傷、アトピー性皮膚炎、糖尿病、栄養失調、遺伝、放射線や赤外線照射、薬の副作用、ブドウ膜炎などの目の病気などで発症してしまうこともあります。

 

軽度な白内障であれば点眼薬をおこなうことがあります。ただし、現在までに開発された「抗白内障薬」は、全て進行予防に働くものでいったん進行すると元には戻りません。 また薬を続けても完全に進行を阻止することは不可能で進行を遅らせるといった効果しか期待できません。(=老化を阻止できないのと同じ) 白内障が進行して視力が低下した場合は手術による視力回復が可能です。

02

 

 

 

 

白内障の治療方針

日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬や内服薬により白内障の進行を遅らせます。これらの薬剤は水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり視力を回復させることはできません。

かすみが強くなってきた、物が見えにくくなってきた、などの症状が出てきたら手術を検討します。

 

白内障の手術そのものは成功率も99%以上と非常に高い安全な手術です。白内障以外の病気の有無や生活環境など、手術についていろいろな検討課題ががありますので、よく医師と相談されて方針を決められるとよいでしょう。 白内障の点眼薬に関してはご希望される方には出しております。特効薬ではなく、必ず白内障は進行します。少しでも白内障の進行を遅らせたい、さしていた方が安心する、などの方は白内障の点眼薬をされるとよいでしょう。

 

白内障手術について

 

白内障手術は水晶体の濁りを取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を移植する手術を行います。 以前は10mm程の切開が必要であったものが、最近ではわずか2.4mmの切開で手術が可能な時代となってきました。それに伴い手術の目に対する影響もより少ないものになり、手術時間も大幅に短縮され10分弱の短時間で手術は終了します。白内障手術技術の進歩により、近年白内障手術後にもより高い視機能の実現が可能となりました。

 

1

 

■白内障の日帰り手術についてもっと詳しく>>

 

 

 

乱視用眼内レンズについて
1

乱視用の眼内レンズを用いた治療も実施しています。

従来の眼内レンズでは治せなかった乱視を治すことができ、裸眼視力の向上が期待できます。

しかし、目の状態によっては治すことが出来ない乱視の場合もあり、詳しくは医師に相談して下さい。また、多焦点眼内レンズではありませんので、通常の眼内レンズと同様にピントは一カ所しか合いませんので、遠くにピントを合わせた場合、近くを見るときは老眼鏡が必要です。

 

 

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください