Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

高眼圧・緑内障
 

緑内障とは?

 
1

緑内障は視神経が傷ついていくことで視野(目で見える範囲)がだんだん狭くなっていく病気で、日本人では中途失明原因の第一位となっています。

 

なぜ視神経が傷ついていくかというと、私たちの目は、まぶたの上から目を押してみるとボールのような弾力(圧力)があります。これを眼圧といいます。眼圧(目の中の圧)が高いと視神経が押しつぶされて傷ついていくといわれています。傷ついてしまった神経は残念ながら元には戻りません。ですから、視神経がどんどん傷んでいくと視野が徐々に狭くなっていき、最後には失明してしまいますので、早く発見して早く治療を行い、神経がなるべく傷まないようにすることが重要です。

眼圧というのは、房水という水で調整されています。作られる房水の量を減らしたり、房水を目の外に流れやすくする目薬をして眼圧を下げます。


なんと20人に1人が緑内障

最新の調査では、日本人の、なんと40歳以上の20人に1人が緑内障であるということがわかっています。

また、眼圧が高い人が緑内障になるだけでなく、眼圧は正常であるにもかかわらず緑内障になってしまうこともわかりました。 20人に1人というと驚かれる方も多いでしょう。実際に治療を受けているは1割程度で、残りの9割の人は発見されておらず未治療なのです。緑内障は少々視野が欠けてきても、普段は両目でものを見ているので気づかないのです。たまたま検診で見つかったり、眼科で見つかったりするケースも多く、40歳を超えたら一度は検診を受けてみられるのもよいでしょう。 また、眼圧が高いのに視神経が傷んでいない「高眼圧症」の人もいることが分かりました。正常値よい少々高いくらいであれば問題ありませんが、高すぎる場合は緑内障になりやすいことがわかっていますから適切な治療が必要です。


ほとんどが眼圧が正常な緑内障

緑内障の6割以上が、眼圧が正常な正常眼圧緑内障です。眼圧は高くはないのに、目の圧に弱いために視神経が傷んで弱りやすいためと考えられています。その他、視神経が栄養不足になっていたり、視神経の血液の流れが悪いのも原因と言われています。

 

この場合、眼圧だけ調べても正常眼圧緑内障であるかどうかは分かりません。眼底検査で、視神経が傷んでいることを確認することが必要です。最近では、視神経をOCT(三次元光干渉断層計)が細胞レベルまで解析して緑内障かどうかを診断することが可能となってきております。最終的な診断は、静的量的視野検査などで見える範囲が狭くなっていることを確認することです。

 
 

症状の進み方

 

もっとも多いタイプの原発開放隅角緑内障(正常眼圧緑内障も含む)は、10~15年という長い時間をかけて少しずつ症状が進行していきます。はじめは緑内障があっても気づきません。人は両目で見ているため、片目の視野が狭くなってももう片方の目で補っているため気づかないのです。多くの方は、非常に視野が狭くなってしまってからではないと緑内障であることを自分では感じることはないので、自覚症状がなくても緑内障の方は定期的に視野検査を行い、視野が狭くなっていっていないかを確認していくことが重要です。

 

一方、急に緑内障が起こってしまい、治療が遅れると一日で失明してしまう閉塞隅角緑内障もあります。遠視が強く、若いときは非常に遠くまで見えていて、老眼が人より早く起こったような方に多いです。急激に眼圧が上がるため、目が痛くなり、赤くなり、かすみます。頭痛や吐き気が起こることもあります。早急にレーザー治療が必要です。

 

 

1

 
 

緑内障の治療について

 

緑内障治療の目的は、傷んだ神経を元に戻すことはできないので、今以上に神経が傷まないようにすることです。現時点では、眼圧を下がることが最も有効な治療方法です。眼圧を下げるには目薬、レーザー治療、手術などの方法がありますが、まず初めは目薬を始めるのが一般的です。目薬にもいくつか種類がありますので、患者さんにあう目薬、つまりより少ない目薬の本数で最も眼圧が下がる組み合わせを探します。最近は2種類の作用が一緒になった点眼薬が発売され、目薬の回数が少なくなり治療がやりやすくなってきました。

目薬では十分に眼圧が下がらない、目薬の副作用で目薬が使えないなどの場合はレーザー治療を検討します。内服薬もありますが、副作用の関係で長期間使用することはできないので通常は短期間のみの使用となります。

それでも眼圧が下がらない場合は手術を検討します。

 

注意していただきたいのは、上記のすべての治療法は眼圧を下げる治療であって、傷んでしまった視神経を元に戻す治療ではないという点です。例えば手術をしたからといって、なくなってしまった視野は元に戻りません。あくまでも緑内障の進行を抑える治療方法です。

 

レーザー手術

レーザー虹彩切開術(LI)

急性緑内障発作を起こした場合や、発作を起こす可能性の高い眼の場合、レーザー光線で虹彩の根部に小さな穴を開けて、 新たに房水の通り道を作ります。5分くらいの治療で痛みも伴いません。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

眼房水の排水溝である線維柱帯という網目構造の部位に低エネルギーのレーザーを照射し、細胞を活性化させることで 排水を改善させ眼圧を下降させます。

 

新しいレーザー治療で、従来おこなわれていたALT(アルゴンレーザー線維柱帯形成術)に比べ、周辺の組織に熱損傷などのダメージをほとんど与えないため、繰り返しおこなうことも可能です。しかしながら、全てのタイプの緑内障に効くということではありません。また治療効果にも個人差があり、7,8割の方には効果的に働きますが、2,3割の方は治療に反応せず、眼圧が下がらないことがあります。

 

SLTは、適切に適応を選べば、眼圧降下により薬を減らしたり、観血的手術の必要性をなくしたり、遅らせたりできることが期待できます。 治療の原則は点眼治療となりますが、点眼薬が目にあわず副作用を来してきたり、点眼薬で十分に眼圧が下がらない方が適応となります。また、仕事上の理由や身体上の理由で点眼治療が困難な方はレーザー治療も有効です。当院では連携病院をご紹介しています。

 

費用
レーザー虹彩切開術(LI)の費用 (自己負担額)
老人医療 1割負担の方 片眼8000円程度 両眼16000円程度
健康保険 3割負担の方 片眼24000円程度 両眼48000円程度

※症状の程度や合併症の有無によって治療内容や投薬内容が違うため、費用は多少前後する場合があります。

 

手術

緑内障手術

薬物療法やレーザー治療を行っているにもかかわらず、眼圧が高かったり、視野が狭くなっていったりする場合には手術を検討します。

 

緑内障の術式にはいくつか方法がありますが、その方の年齢や病状に合わせて慎重に選択することが重要です。

 

 

 

 

 
 

緑内障の定期検査の重要性について

 

緑内障は日本人の中途失明原因の第一位で、自覚症状がないまま進行していきます。自覚症状がないのに、副作用の可能性がある点眼薬を毎日しなければならず、定期検査も受けなければなりません。進行しているかどうかの判定も年単位となってきますので通院が途切れがちになります。

 

緑内障は一生付き合っていかなければならない病気で、きめ細やかな治療が長い生涯を通して効いてきます。定期検査が不十分であれば検査データも不十分となり、治療方針の判断がしにくい場合もあります。医師の指示に従って定期検査をうけることをお勧めします。

 

当院では、点眼治療をしている患者さんは1~3か月ごと、点眼なしで経過を見る場合は3~6か月ごとに定期検査を行っています。

 

 

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください