Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

加齢黄斑変性
 

黄斑とは

 

網膜はカメラのフィルムに相当し、外からの光が瞳(瞳孔)、レンズ(水晶体)や目の中央部(硝子体)を通り、網膜に当たり光を感じます。網膜で光が電気信号に変換され脳に伝えられ「見える」のです。

 

黄斑とは網膜の中心にある直径1.5mm~2mm程度の小さな部分の名称で、黄斑の中心は中心窩と呼ばれ、見ているところ(固視点)からの光が当たる部位です。黄斑にはキサントフィルという色素が豊富にあるために黄色をしています。カメラのフィルムと網膜では大きく異なることがあります。カメラのフィルムではどの部分でもよく写りますが、網膜は中心(黄斑)では大変良い視力が得られますが、それ以外のところでは正常の目でも十分良い視力は得られません。

 

したがって、黄斑は大変小さな部分ですが、黄斑が障害されるとそれ以外に網膜に異常がなくても視力が著しく低下し、運転免許を更新したり、字を読むことができなくなったりします。網膜の下には網膜色素上皮という一層の細胞があり、その下に脈絡膜という血管に富んだ組織があります。網膜が正しく働くためには網膜の下にある網膜色素上皮やその下にある脈絡膜が正しく働く必要があります。

 
 

加齢黄斑変性とは

 

年齢を重ねるとともに網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積してきます。それにより直接あるいは間接的に黄斑部が障害される病気が加齢黄斑変性です。

 

加齢黄斑変性の分類

加齢黄斑変性には大きく分けると萎縮型と滲出型の2つの種類があります。

 

萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮していき、網膜が障害され視力が徐々に低下していく病気です。

滲出型は異常な血管(脈絡膜新生血管)が脈絡膜から網膜色素上皮の下あるいは網膜と網膜色素上皮の間に侵入して網膜が障害される病気です。異常な血管は正常の血管と異なり血液の成分を漏出させたり、血管が破れたりします。

 

血液成分が漏出すると網膜が腫れたり(網膜浮腫)、網膜下に液体が溜まります(網膜下液)。そのために網膜が正しく働かなくなり視力が低下します。血管が破れると出血となり網膜を障害します。 

 

加齢黄斑変性の症状

 
変視症

網膜の腫れや網膜の下に液体が溜まると網膜がゆがみます。ゆがんだフィルムで写すとゆがんで写るように、ゆがんだ網膜で見るとものがゆがんで見えます。黄斑部は障害されますが、周辺部は障害されていませんので、中心部はゆがんで見えますが、周辺部は正しく見えます。

 

視力低下、中心暗点

さらに黄斑部の網膜が障害されると、真ん中が見えなくなり(中心暗点)、視力が低下します。視力低下が進行すると運転免許の更新や字を読んだりすることができなくなります。

通常、視力低下は徐々に進行し、治療をしなければ多くの患者さんで視力が0.1以下になります。網膜下に大きな出血が起こると突然、著しい視力低下が起こることがあります。萎縮型と滲出型を比べると、滲出型のほうが進行が早く、視力悪化も重症なことが多いです。

 

色覚異常

症状が進んでくると色が分からなくなってきます。  

 

加齢黄斑変性の治療

 
抗VEGF療法(抗血管新生療法)

 

加齢黄斑変性・高度近視に伴う脈絡膜新生血管・網膜静脈閉塞症の黄斑浮腫・糖尿病網膜症の黄斑浮腫に対して保険適応のある治療です。抗VEGF薬を眼内に注射で投与することにより新生血管が小さくなったり、浮腫が軽くなったりします。  

 

抗VEGF療法(抗血管新生療法)についてもっと詳しく>>

 

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください