Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

網膜静脈閉塞症
 

網膜静脈閉塞症とは

 

眼の内側には光や色を感じる網膜という組織があります。網膜全体に分布する血管の一つが網膜静脈で、いろいろな原因で網膜静脈が途絶えると、網膜に出血する網膜静脈閉塞症という疾患になります。網膜静脈の根元が閉塞した場合は網膜中心静脈閉塞症となり、網膜全体に出血します。また、静脈の分枝が閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となり、網膜の限局した部位に出血します。


 
 

網膜静脈閉塞症の症状

 
(1)急激な視力低下

出血やむくみ(浮腫)が、視力に最もかかわる網膜の黄斑に及ぶと視力が低下します。特徴的なのは突然生じるということで、*月*日に見えなくなったと症状の発症時期がはっきりしていることが少なくありません。

 

(2)突然の視野障害

黄斑が侵されていない場合は、病変の部位によって症状が異なります(例、上あるいは下の方が見えなくなった)。

 

(3)変視症

物がゆがんで見えたり、曲がって見えることがあります。

 

(4)まったく無症状のこともあります。 
 

網膜静脈閉塞症の治療

   
レーザー光凝固術
レーザー照射

レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。また、出血や白斑も治療できます。この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の 進行を阻止することができています。

 

 

 

 

レーザー治療についてもっと詳しく>>

 

 

 

 

抗VEGF療法(抗血管新生療法)

加齢黄斑変性・高度近視に伴う脈絡膜新生血管・網膜静脈閉塞症の黄斑浮腫・糖尿病網膜症の黄斑浮腫に対して保険適応のある治療です。抗VEGF薬を眼内に注射で投与することにより新生血管が小さくなったり、浮腫が軽くなったりします。

 

 

抗VEGF療法(抗血管新生療法)についてもっと詳しく>>

 

日帰り硝子体手術

 

■日帰り手術についてもっと詳しく>>

 

 

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください