Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

飛蚊症・網膜裂孔・網膜剥離
 

飛蚊症とは?

 
飛蚊症

チラチラ飛んでいるようなものが見える、虫のようなものが飛んでいる、黒いものが見える、暗いところでなにかがキラッと光って見える、などの訴えで毎日のように数人が来院されます。

 

それらのほとんどは後部硝子体剥離といって、老化の進行により目の中の硝子体というものが網膜から剥がれて起こるもので、そのまま放置しても問題がないものです。剥がれた硝子体が網膜面から徐々に離れていきますので、その硝子体の影である飛蚊症は徐々に減っていきます。

 

ただし、中には網膜剥離や硝子体出血、ぶどう膜炎などの病気で起きてくることがありますので飛蚊症が生じたときは油断せず、眼科でよく調べておいた方がよいでしょう。

 

網膜円孔や網膜裂孔という病気がある場合でも、網膜剥離への進行する可能性が少ないと考えられる場合には、レーザー治療などは行わずそのまま経過を見る場合もあります。網膜剥離が起きかけている場合や網膜剥離が起きる可能性がある場合にはレーザー治療で網膜剥離を防止します。発見が遅れすでに網膜剥離が起きてしまっている場合は、レーザー治療ではなく下記のような手術が必要となります。

 

飛蚊症・網膜裂孔・網膜剥離の治療

 
レーザー光凝固術
レーザー照射

レーザー光凝固術は、網膜にレーザーを照射して、新生血管の発生を防ぐ方法です。また、出血や白斑も治療できます。この治療で視力が回復するわけではありませんが、網膜症の 進行を阻止することができています。

 

 

 

 

レーザー治療についてもっと詳しく>>

 

 

 

 

日帰り硝子体手術

 

■日帰り手術についてもっと詳しく>>

 

 

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください