Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

流涙症(鼻涙管狭窄・閉塞)
 

流涙

 

涙がでて目のふちがただれてくる、というのはよく聞かれる訴えです。 原因には、涙が流れていく道(涙管)が詰まっていたり、白目がたるんでいたり、まぶたが下がってきたり、結膜炎だったり、さまざまな原因があります。結膜炎等が原因の時は、目薬の治療で涙は止まります。しかし、目薬で治らないものに対しては手術を検討します。 涙に対して手術までは‥とお考えの方がほとんどだと思いますが、手術をしてもいいから涙を治したいという方には良い治療法だと思います。

流涙の症状

 

しかし、近年になり涙道内視鏡といって0.9mmの内視鏡が開発されました。それを涙管に入れていき、閉塞部を目で確認してから、詰まっている部分を通すことが出来ます。 これにより、より確実により短時間(20分程度)で手術が可能となり、術後の成績が向上しました。通した後は再閉塞しないように特殊なチューブを涙管に入れておきます。鼻がむずむずすることがありますがほとんど感じない方がほとんどです。2ヶ月ほどで抜きますが、引っ張れば抜けるので痛くはありません。

 

流涙治療

ただ、閉塞部位によって治り方が異なります。例えば、涙点狭窄と言って入り口が細くなっているものや内総涙点という閉塞に対しては9割近い成功率がありますが、鼻涙管といって奥の方の閉塞に対しては成功率が下がります。鼻の手術の合併症で涙道が閉塞している場合や、涙嚢炎と言って膿がたまっているもの、閉塞が数年に及ぶという古い閉塞に対しては成功率が50%まで下がってきます。そういう難治例に対しては涙道内視鏡にこだわらずDCRといった手術が良いかと思います。ただDCRは骨を削らないといけない手術ですので、炎症を繰り返す鼻涙管閉塞(涙嚢炎)を伴っている場合等を除けば、希望される方は少数です。


 
 

手術をお考えの方へ

 
 

涙が出るという方はたくさんいらっしゃいます。時々涙が出る程度であれば問題ありませんが、しょっちゅう涙が出てハンカチが手放せない方や、接客業などで涙目になって支障を来す方、目の周りがただれてくる方など症状は様々です。涙の通り道が詰まる、細くなるなどして流涙の原因となっている場合は涙道内視鏡手術が第一選択治療と考えます。

 

内視鏡で確認して確実に治療するとはいっても結局のところ詰まったところを通さないといけません。麻酔はしますが詰まりがひどい時は痛みが出ることもありますし、詰まりがひどいときは通らないこともあります。内視鏡手術にも限界があり、詰まりがなかなか取れないときや痛みを来すときは手術を中断します。無理に治療しても再発する可能性が高いからです。そういう症例は涙が出始めてから数年と時間が経っている場合や涙嚢炎といって炎症を繰り返している場合が多く、骨を削る手術(DCR)の方が確実に治ります。

 

涙は放置しても失明するわけではないので、上記のことをよく理解して頂いた上で手術を受けるかどうかご検討下さい。また、麻酔の時に目の回りに出血が起きることがある「合併症の欄参照」こと、手術中に痛みがあることがたまにあること、内視鏡で治らない場合があること、再発があることで、手術は積極的には行っておらずご希望がある方にのみ行っておるのが現状です。 

 

当院では連携病院への紹介により対応しています。

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください