Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

眼瞼下垂
 

眼瞼下垂とは

 

年をとるとまぶたが下がってきてしまいます。目は開いているが皮膚がたるんでくるものや皮膚は弛んでいないが目が下がってくるものがあります。 また、長期間のハードコンタクトレンズを装用している場合には若い方でもまぶたが下がってくる場合があります。ときに、神経の病気などでまぶたが下がってくることもあるので、そのような病気が疑われるときはMRIでの精査や神経疾患、代謝疾患等の有無の精査が必要です。

 

治療法としては、皮膚がたるんでいるだけのものは皮膚を切除するだけでよいですが、まぶたを上げる筋肉が弱ってまぶたが下がっているものに関しては筋肉を縫い縮めて強くする手術などがあります。

 

また、腫れぼったいまぶたの方は皮膚が厚く、手術をしてもどうしてもはれぼったさが残ってしまいます。腫れぼったいまぶたの方には目は開くようにはなりますがくっきりしたまぶたにする、というのは困難ですのでご理解下さい。 

 

手術をお考えの方へ

 

手術してまぶたが閉じなくならないか、左右の目の大きさが違ったりしないか、とのご質問をよく受けます。

基本的に手術中にまぶたの上がり具合を確認しながら手術を行い、左右差があったり、まぶたが不自然であったりすれば何度も調整しますので、術後にまぶたが閉じなくなることはありませんが、左右の目の大きさを全く一緒にするというのは困難です。そこが気になる方には手術はお薦めしません。 やらないといけないという手術ではありませんのでよく検討されてから手術をすることをお薦めします。

 

当院では連携病院への紹介により対応しています。

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください