Contents

いしかわ眼科

目の病気について:いしかわ眼科

近視・遠視・乱視・老視
 

目に入る光の屈折の異常

 

目に入った光は網膜上で像として結ばれ、その信号が視神経を通り脳に伝わります。これが私たちが目でものを見るしくみです。

この時重要になるのが、カメラでいえば“レンズ”にあたる「角膜」、「水晶体」、そしてフィルムにあたる「網膜」です。また角膜から網膜までの距離を「眼軸長(がんじくちょう)」といいます。 光学的に正常な目(正視:せいし)の場合は、角膜から入った光が角膜と水晶体を通る時に屈折し、網膜上に焦点が結ばれます。近いものをみたり、遠くを見たりする際には、水晶体の厚みが変わることで屈折の具合を調節し、どのような距離のものを見る場合でも、網膜面にきちんと焦点が結ばれるようになっています。

 

この屈折に異常がある場合が近視、遠視、乱視となります。

目に入る光は、角膜と水晶体を通るときに屈折し網膜上に焦点が結ばれますが、この屈折の度合いと眼軸長のちょうどよいバランスが崩れることを、「屈折異常(くっせついじょう)」といいます。 網膜の手前で焦点が合ってしまうものを「近視(きんし)」、逆に網膜の後ろで焦点が合ってしまうものを「遠視(えんし)」、“レンズ”にゆがみがあり、光の焦点が目の中で1点に結ばれず、見たものがダブって見えてしまう状態を「乱視(らんし)」といいます。 

 

老視は調節機能の衰え

 

水晶体は年齢と共に固くなってしまうため、目のピントを調節する機能が低下し、近くの物が見づらくなってしまいます。 この状態を「老視(ろうし)」といいます。 これは一般に“老眼“といわれる状態で、40~45歳くらいから始まる一種の目の老化現象と考えられています。  

 

眼科にて正しい診断を

 

屈折異常である近視、遠視、乱視への対応には、眼鏡、コンタクトレンズがあります。手術としては近視を矯正するLASIK(レーザー角膜内切削形成術)や乱視を矯正するAK(乱視矯正角膜切開術)などがあります。

 

調節異常である老視に対しては老眼鏡や遠近両用眼鏡、遠近両用コンタクトレンズが主に用いられていますが、最近白内障手術の際に多焦点眼内レンズを挿入することも可能になっています。

お問い合わせ

 

コンタクトレンズ検診・処方もお問い合わせください

 

TEL 011‐211‐5536

TEL 011‐211‐5536

 

土日・祝日を除く平日 9:00~18:00 
土・木曜 9:00~12:30

 

お電話でのご予約、病状のご相談はお受けしておりません

どうぞご了承ください